株式会社小川環境研究所

TSanalyzer(TSA4型)

TSanalyzerは、1999年に初号機(TSA1)リリース以降順次機能アップがなされ、現在はTSA4が最新機種です。以下はTSA4の説明です。
TSanalyzerは曝気槽の活性汚泥混合液をサンプリングし、4hr程度の測定サイクルで連続的に、汚泥の活性や原水・処理水のBOD、MLSS、汚泥の沈降性など、活性汚泥の運転管理に必要なデータをを測定・解析しトレンド表示する、他に類のない活性汚泥処理運転管理計器です。

装置は、PCと制御機器の制御部と、汚泥の性状を測定する測定部と、サンプリング装置部から構成されています。LANで接続すれば、同じ測定データを各所で監視できます。またネットに接続すれば、どこからでも同じ測定データを各所で監視できます。

活性汚泥の運転管理の現状

活性汚泥処理法は好気性微生物を利用した最も汎用的な廃水処理法です。処理の主体が多様な微生物であるがゆえに、様々な廃水に対応できる利点がある反面、原因-処置-結果の因果関係の把握は極めて難しいプロセスです。廃水は微生物の働きで確かに浄化されるが、曝気槽の中で今どんな状況で処理が行われているのか定量的にはほとんど判っていないで運転されているのが実状です。活性汚泥処理をブラックボックス状態にしている最大の要因は
①曝気槽中の活性汚泥のBOD分解能力(活性)を定量的に把握する手段がない
②活性汚泥運転に必要な原水のBODおよび分解性を迅速に測定する適切な手段がない
ことです。もし活性汚泥の状態や処理の程度が迅速に把握できれば、状況にあった適切な運転が可能となり、活性汚泥処理装置を最大限生かすことができ、処理の安定や、省エネ、省力化が可能になります。TSシリーズ(TSanalyzer、TSchecker)はまさにこのニーズに応える新しい手段です。

TSanalyzerシステムの概念

システムはTSanalyzerを活性汚泥曝気槽の出口の現場に設置し、曝気槽から汚泥と原水を自動サンプリングし、 測定データを制御用コンピュータで処理して結果を出力します。LANで接続することで、各所で監視可能です。

TSanalyzerシステムの概念

On-line測定項目

自動で測定する項目は、汚泥の活性やBODTS・分解性や汚泥の沈降性など、従来測定できなかった項目を定量的にトレンドとして把握できます。特に図中の赤字に示す測定項目は弊社の特許による測定です。これらをトレンドとして運転管理することで、従来とは明確に差のある運転管理が可能になります。
 注:TSanalyzerで測定計算するBODは、TS法で迅速測定したBODts値から相関関係から計算した値で、JIS法のBOD5とは異なります。
BODtsとBOD5の相関については 【こちらへ】

On-line測定項目

測定操作の標準パターン(1サイクル分)

右図はコンピュータの測定画面を図式化し説明を加えたものです。

下図はコンピュータの測定画面を図式化し説明を加えたものです。

結果のトレンドグラフ表示

測定結果は、トレンドグラフに表示され、「記録メニュー」で取り出せます。
右図は「記録」画面例です。

結果のトレンドグラフ表示

解析機能

トレンドグラフで処理水BOD予測が表示されるが、原水の分解速度測定データから、処理計算(右図)で処理水のシミュレーションができます。

解析機能

TSanalyzerの構成ユニット

装置は、管理室内に設置する制御部と、曝気槽出口付近に設置する測定部から構成され、両者はケーブルで接続されます。制御部は、パソコンと端子盤で構成され、測定部(下図)は、測定装置一式(測定装置は多数の実績があるTScheckerがベース)が収納された屋外設置仕様のボックスです。

TSanalyzerの構成ユニット

効果

  1. 汚泥の活性(原水BOD成分の分解力)が定量管理でき、常に活性汚泥を最適状態に維持することが可能になる。
  2. 原水のBODTSと分解性を定量評価できる。
  3. 現在の処理水BODTSを実測でき、①②から今後の処理水BODの変化予測ができる。
  4. 異常原水の流入を原水流入段階で検知でき、早期の対処が可能。
  5. 汚泥の沈降性を管理。沈降性トラブルを予知したり、改善効果の定量評価が可能になる。
注:活性汚泥は化学プロセスです。反応速度を管理することで、活性汚泥の運転管理を技能の世界から技術の世界にレベルアップできます。